Academic Contributionsのご案内 研究機能を有する大学・医療施設等の教室・診療科のに対して、サポートを行っています

Academic Contributions(AC)のご紹介

研究機能を有する大学(医歯薬学部)・医療施設等の常設*の教室・診療科の年間研究活動全般に対して、サポートを行います。

*開設期間が設けられている寄附講座は対象外です。

研究機能を有する大学(医歯薬学部)・医療施設等の常設の教室・診療科の年間研究活動全般

重要なお知らせ

申請や報告にあたりまして、まず以下の事項(①②③)の確認をお願いします。


 
step1
システムメンテナンスのご案内
以下の期間、システムメンテナンスの為、全システムがご使用になれません。ご不便をお掛け致しまして、申し訳ございません。
日時:2019年7月27日(土)19:00 ~ 20:00

2019年度 申請に関するご案内

申請期間   5月7日(火)11:00AM ~ 6月7日(金)11:00AM

上記期間外のご申請は、お受けいたしかねますので、ご了承ください。

なお、Academic Contributions の運用は、2019年度をもって終了致します。

今後、研究に関しては、研究者の方が自らの責任で行う「自主研究」に対してサポートを行って参ります。*奨学寄付金制度とは異なります。

詳しい情報は、“自主研究制度”にてご確認ください。

自主研究に関するお問い合わせは、下記までご連絡をお願い申し上げます。
ファイザーIIR事務局(IIRJapan@pfizer.com


また、ファイザーは、 医療現場で必要とされている教育・トレーニングへのサポートを、今まで以上に積極的に推進していくことが重要であると考え、2018年4月から、新しい助成モデルを導入しました。 今後は、「公募型の教育助成」に注力し、医療現場で必要とされる教育や医療の質の向上に関するプロジェクトへのサポートを通じて、ヘルスケア企業としての責任を果たして参ります。
 
詳しい情報は、“教育助成のご案内”にてご確認ください。
 
教育助成に関するお問い合わせは、下記までご連絡をお願い申し上げます。
ファイザーMEG-J事務局(meg.japan@pfizer.com

step2

Academic Contributionsに関する指針

Academic Contributionsは、国内の業界規約(「医療用医薬品製造販売業公正競争規約」など)を遵守し、かつ、ファイザー株式会社がグローバルに活動する上で満たすべき様々な法令や規則等(「海外汚職行為防止法」など)に準じた制度です。 従いまして、弊社製品に関連する臨床研究および研究活動は、本制度の対象外とさせていただきます。

Academic Contributionsは、貴学(貴施設)における具体的な学術研究活動に拠出するものであり、弊社との現在または将来の関係に対して、もしくは貴学(貴施設)が弊社製品について現在または将来行う決定に対して、何ら影響を与えることを期待するものではありません。

なお、このAcademic Contributionsにつきましては、医療担当者の皆様との透明性を確保するため、プロモーション活動に従事する部門とは別の組織が独立して運用しております。つきましては、何かご不明な点がございましたらAC事務局(上記 お問い合わせ)までお問い合わせください。

step3

情報の開示

本制度では、弊社「企業活動と医療機関等との関係の透明性に関する指針」に則り、拠出させていただいた施設名および教室・診療科名、拠出金額を、弊社Webサイト等を通じて公表させて頂きます。予めご了承のうえ申請をいただけますよう、お願いいたします。

Academic Contributionsの申請要項については、申請要項ページをご覧ください。

※全て(① > ② > ③)事項をご理解のうえ、下記ボタンを押してください。 申請要項はこちら
 
 
ファイザー株式会社 MGM(メディカルグラントマネージメント)AC事務局
ファイザーAcademic Contributionsに関する質問は、お問い合わせをクリックするか、下記メールアドレスまでご連絡ください。

ファイザーAC事務局 お問い合わせ( ac.japan@pfizer.com )

お問い合わせ